レビュー

【剃り残しゼロ】ブラウンのシリーズ7のココがすごい!

上記のような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか

結論、人工知能テクノロジーや360°密着システムなど、しっかりとヒゲが剃れるような機能が詰まっています

本記事ではブラウン『シリーズ7』の特徴やデメリット、評判や口コミを徹底的に解説します

ブラウン『シリーズ7』の特徴

まずはブラウン『シリーズ7』の特徴を見ていきましょう

360°密着システム

ブラウン『シリーズ7』はヘッドの部分が360°動くようになっています

あご下や鼻下など、剃りにくい場所にも密着して剃ることができます

人工知能テクノロジー

ブラウン『シリーズ7』には人工知能テクノロジーが搭載されています

人工知能テクノロジーとは、ヒゲの濃さを読み取り、毎秒13回自動でパワーを調節してくれる機能です

3連密着ブレード

ブラウン『シリーズ7』のヘッド部分にある3つの刃は、それぞれが独立して動くため、どんな肌にもしっかりと密着してくれます

ヒゲトリマー

ブラウン『シリーズ7』にはキワゾリや体毛の手入れができるアタッチメントが付属しています

身だしなみやニーズに合わせて、自由に切り替えが可能になっています

ブラウン『シリーズ7』のデメリット

ここからはブラウン『シリーズ7』のデメリットを見てみましょう

上位モデルと比べると、深剃りは×

ブラウン『シリーズ7』の上位モデルに『シリーズ8』と『シリーズ9』があります

それぞれ深剃りができるような機能が搭載されており、『シリーズ8』と『シリーズ9』と比べると、『シリーズ7』は深剃りが甘いです

【評判や口コミ】ブラウンのシリーズ8はコスパがよい?ブラウンの『シリーズ8』の特徴やデメリット、評判や口コミを徹底的に解説します...
【徹底解説】ブラウンのシリーズ9は深剃りできない?ブラウンのシリーズ9の特徴やデメリット、評判や口コミまで徹底解説します...

ブラウン『シリーズ7』の評判や口コミ

ここからはブラウン『シリーズ7』の評判や口コミを見ていきましょう

前の型のシリーズ 7を5年以上使っていたのでそちらと比較しての話です。
まず、音が格段に静かになりました。
作動音は勿論、髭が剃られる時のチリチリというかパリパリというかの音まで静かになりました。剃るスピードは以前と同様以上です。そのせいか前モデルより長時間剃ると、やや肌がヒリヒリします。カミソリ負けしやすい方は追い込み過ぎに注意した方が良いです。
髭剃りが楽になりました。
ヒリヒリもしないので楽しくなります。
使用していた、ブラウンのシェーバーの買い換え。
洗浄システムも調子が悪くなってきたため、セット品を購入。
剃り残しが無いので満足しています。
すぐに届いてありがとうございました。
ボディトリマーも付属されていて便利でした。
喉のあたりのひげが少し剃りにくいですが概ね満足です。
良く剃れます。敢えて言うなら首振りに、ロック機能と
ヘッドカバーが有れば良かったと思います。
プレゼント用に購入。
十数年こちらのシリーズを使っていますが、今回のも使いやすいと本人は言っていました

Amazonレビュー参照)

まとめ

ブラウン『シリーズ7』は深剃りができる、人工知能テクノロジーや360°密着システムなどが搭載されています

また体毛やキワゾリができるアタッチメントも付属しており、”毛”に関する悩みはブラウン『シリーズ7』1つですべて解決できます

私もブラウン『シリーズ7』を使用していましたが、剃り残しがなく、気持ちよくヒゲを剃ることができました

シェーバーに迷ったらブラウン『シリーズ7』を検討しましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA